横山春光の中国武術留学記

北京空港に到着

横山春光の中国武術留学記「北京空港に到着」

2004年9月20日、飛行機は予定到着時刻より一時間遅れて北京空港へ到着しました。

小さな小さな囲まれた場所から、いきなり巨大な中国という国に到着して、(これは現実なのか?)と、めまいがしました。

当時、痩せっぽちだった私が、ヨロヨロとスーツケースを転がしながら到着ロビーから出てくると、出迎えに来てくださっていたのは、受け入れ先であった『北京・志強武館』の創立者である、陳式心意混元太極拳の馮志強老師の四女の方と、同じく志強武館の事務所の女性でした。

「ホン シャン(横山)、ニーハオ、ニーハオ!」

私を見かけると、すぐに笑顔を見せて声をかけてくれたお二人の様子を見て、(わぁ、本物の中国語だ、教材のCDや映画とは違うなぁ)と感じました。

私は、お二人に中国語で挨拶をしようと思いました。

といっても、喋れそうなのは「ニーハオ(こんにちは)」「シィエ シェ(ありがとう)」「ドゥイ ブ チィ(ごめんなさい)」くらいです。

お二人に「飛行機が遅れてしまい長時間待たせてしまって申し訳なかったです」ということをお伝えしたかったのですが、「フェイ ジー(飛機→飛行機)」「イー ガ シャオ シー(一個小時→1時間)」「モゴモゴ、モゴモゴ」といった音声しか発することができず、通じたのか? 通じなかったのか? よくわからないまま、とりあえず食事に行く雰囲気になり、駐車場に向かいました。

駐車場へ着き、車を探し当てると、お二人は私のスーツケースとバッグをもぎ取るように奪い、車のトランクに載せてくださいました。

私はそのあまりの勢いに少し怯えてしまったのですが、それでもお二人のご表情は、とても優しい笑顔だったので、(ああ、中国の女性は日本の女性とは違うと聞いていたし、きっと中国式に長旅を気遣ってくださっているのだろうな…)と思いながら、車に乗って餐庁(レストラン)へ向かいました。

車の中でもお二人はしきりに私に話しかけてくれたのですが、訪中前にほとんど準備ができなかった私の中国語力では、時折かすかに聞き取れそうな言葉があるだけで、まったく会話にはなりません、困ったやら申し訳ないやらで四苦八苦していると…

「ニー シー ホァン チー シェン マ?」

!?

突然、聞き取れる言葉が耳に入ってきました。

(聞きとれる、わかるわかる! えーっと確か「あなたはどんな食べ物が好きですか?」だ!)

これは当然聞かれると思っていたのです、当時胃腸が弱く、香辛料にアレルギー発作のあった私は、これだけは何と答えればよいのか、しっかり憶えてきています。

(よし、しゃべるぞー!)

と意気込みながらお二人に向かって、こう答えました。

「ウォ シー ホァン チー チンダン ダ」
(私はさっぱりした食べ物が好きです)

ようやく元気良く中国語を喋った私を見て、お二人はやれやれと思ったのか、とても嬉しそうに「わかった、わかった、横山はチンダン(さっぱり)な料理が好きなんだね、よーしまかせておきなさい!」とばかりに、目的地のレストランに連れて行ってくださいました。

このようにして、日本の修行道場から一時脱出できた私は、中国という大きな川に落ちた一枚の落ち葉のように、流れに身を任せて本物の太極拳の世界に吸い込まれて行きました。

関連記事一覧

  1. 横山春光の中国武術留学記「旅立ちの日」
PAGE TOP